情報を「探す」のではなく、「教えてくれる」時代へ

「人に優しいコミュニケーションの創造」を展開するクレステックが新たなイノベーションをご提案します。

それは、欲しい情報を「教えてくれる」対話型AIです。


C’s-navi は、対話型AIにより業務上の様々な課題を解決し、CS(顧客満足度)向上に寄与する革新的なソリューションを実現します。

質問するだけで「教えてくれる」対話型AI

C’s-naviの特長である対話型AI。その心臓部にはHCI(ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)技術のトップランナーが開発した netpeople® を採用。既存のドキュメント資産(取扱説明書、動画マニュアル、FAQ 等)から、御社の製品に精通したエキスパート(AI)を生み出します。

AI には、知りたいことを尋ねるだけで、ドキュメント資産の中から最適な情報をピンポイントで表示します。大雑把な問い掛けでもAI 自身がヒントを要求し、対話によって知りたい情報へ辿り着くように導いてくれます。

netpeople はイナゴ株式会社の商標または登録商標です。

導入メリット

C’s-navi は、ドキュメントを提供する人と利用する人、双方にメリットがあります。

ドキュメント利用者のメリット

適切なキーワードが思いつかなくても、AIが導いてくれるので、検索ロスや誤用を防げます。

  • 最適な情報の入手が可能!
  • 適切なナビゲーションで業務効率が向上!

ドキュメント提供者のメリット

AIによるナビゲーションは、カスタマーサポートの効率化とサービス品質の改善を促進。さらに、コスト低減とブランド価値の向上も期待できます。

  • カスタマーサポートのコスト削減!
  • サービス改善によるブランド価値の向上!

C’s-navi の特長


C’s-naviの特長は、情報を「探す」のではなく「教えてくれる」ということ。製品の使用や業務上の様々な課題を解決し、CS(顧客満足度)の向上に貢献します。

「教えてくれる」ナビゲーションがもたらす、顧客満足度の向上

C’s-naviによる最適なナビゲーションは、ユーザーにイノベーティブな体験をもたらします。

もし製品の使用が中断されても、ユーザーがスマホで素早く自己解決できれば、印象はポジティブなものになるでしょう。たとえ使用方法が分からないという事態が発生しても、素早くサポートを受けられるということは製品価値の証明と言えます。

その他にも、コールセンターのオペレーター業務をC’s-naviがサポートすれば、問い合わせに対する適切な回答はすぐに見つかり、対応時間は短縮されます。あるいは、故障修理担当からの質問に対して適切な情報をパスできれば、作業の効率はさらに向上するでしょう。

製品を購入してからメーカーと接していく様々な機会で、ユーザーはサービス品質の改善を体験します。その体験の積み重ねが顧客満足度の向上を促します。

ドキュメントのプロによるナレッジ化と先進の対話型AI

C’s-naviの核心を成すのは、2つの要素です。1つはマニュアルなど「製品の知」を集約したナレッジ・ベース、もう1つは先進技術を用いた対話型AI。

C’s-naviの基盤となるのは、長年取扱説明書やドキュメント制作などを手がけてきたクレステックのノウハウです。ご提供いただいた既存のマニュアルやFAQ資産を分析・解析してナレッジベース化し、対話型AIに実装します。

そしてイナゴ株式会社が開発したAIが、対話を通じてユーザーを導く「ゴール共有型会話技術」によって、ユーザーの意図を汲み取る快適なナビゲーションを実現します。

お問い合わせ先


C’s-naviについてのお問い合わせは、下記まで電子メールにてお申し付けください。

お問い合わせから2営業日以内に担当営業よりご連絡いたします。