情報を「探す」のではなく、「教えてくれる」時代へ

「人に優しいコミュニケーションの創造」を展開するクレステックが新たなイノベーションをご提案します。

それは、欲しい情報を「教えてくれる」という魔法のようなサービスです。


C’s-navi は、対話型AI を通じて必要な情報をシームレスに呼び出すことで、業務上の様々な課題を解決し、CS(顧客満足度)の向上に貢献する革新的なソリューションです。

人に優しいAI との「対話」が生み出す魔法

まるで魔法のような効果をもたらすC’s-navi の秘密は、先進の対話型AI です。その心臓部にHCI(ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)技術のトップランナーが開発した netpeople® を採用。既存のドキュメント資産(取扱説明書、動画マニュアル、FAQ 等)から、御社の製品に精通したエキスパート(AI)を生み出します。

AI には、知りたいことを尋ねるだけで、ドキュメント資産の中から最適な情報をピンポイントで表示します。大雑把な問い掛けでもAI 自身がヒントを要求し、対話によって知りたい情報へ辿り着くように導いてくれます。

netpeople はイナゴ株式会社の商標または登録商標です。

導入メリット

C’s-navi は、ドキュメントを提供する人と利用する人、双方にメリットがあります。

ドキュメント利用者のメリット

知りたいことを伝えれば、AI がドキュメント(取扱説明書、サービスマニュアル、動画マニュアル、FAQ 等)の中から該当している部分をダイレクトに案内し、検索ロスや誤用を防げます。

  • 最適な情報の入手が可能!
  • 適切なナビゲーションで業務効率が向上!

ドキュメント提供者のメリット

AIによる的確なナビゲーションは、カスタマーサポートを効率化するだけでなく、サービス品質の改善を促します。

  • カスタマーサポートのコスト削減!
  • サービス改善によるブランド価値の向上!

C’s-navi の運用イメージ


C’s-navi は、様々な環境やデバイス、運用形態でご利用いただけます。また、既存のシステムとの連携や組み込みへのご対応の準備も進んでいます。

以下では、代表的な3つのシーンをご紹介します。

ユーザー向け
対話型アシスタント

ユーザーが手軽にアクセスできるアプリやWeb サイトなどのエージェントソリューション。

AI は、スマホやPC などのデバイスから送られてきたリクエストを元に、製品の使用説明やトラブルシューティングなどの情報の入手を支援します。

フロント業務
支援システム

コールセンターなど、企業の窓口担当者への情報提供を支援するソリューション。

AI は、問い合わせユーザーと担当者との会話の内容を元に、迅速かつ正確に情報をピックアップし、窓口業務を支援します。

バックヤード業務
支援システム

製品のメンテナンスや製造など企業内工程において情報提供する支援システム。

AI は、作業者からの音声操作に従って必要な情報やインストラクションを提供し、効率的な作業環境の構築を支援します。

C’s-navi の特長


C’s-naviの特長は、情報を「探す」のではなく「教えてくれる」ということ。製品の使用や業務上の様々な課題を解決し、CS(顧客満足度)の向上に貢献します。

「教えてくれる」ナビゲーションがもたらす、顧客満足度の向上

C’s-naviによる最適なナビゲーションは、ユーザーにイノベーティブな体験をもたらします。

もし製品の使用が中断されても、ユーザーがスマホにインストールしたC’s-naviアプリで素早く自己解決できれば、印象はポジティブなものになるでしょう。たとえ使用方法が分からないという事態が発生しても、素早くサポートを受けられるということは製品価値の証明と言えます。

その他にも、コールセンターのオペレーター業務をC’s-naviがサポートすれば、問い合わせに対する適切な回答はすぐに見つかり、対応時間は短縮されます。あるいは、故障修理担当からの質問に対して適切な情報をパスできれば、作業の効率はさらに向上するでしょう。

製品を購入してからメーカーと接していく様々な機会で、ユーザーはサービス品質の改善を体験します。その体験の積み重ねが顧客満足度の向上を促します。

ドキュメントのプロによるナレッジ化と先進の対話型AI

C’s-naviの核心を成すのは、2つの要素です。1つはマニュアルなど「製品の知」を集約したナレッジ・ベース、もう1つは先進技術を用いた対話型AI。

C’s-naviの基盤となるのは、長年取扱説明書やドキュメント制作などを手がけてきたクレステックのノウハウです。PDFのような非構造化文書でも最適なナレッジ化が可能なため、マニュアルやFAQなどのドキュメント資産を有効に活用できます。ナレッジ化のために新たなデータを用意される必要はありません。そしてイナゴ株式会社が開発したAIは、対話を通じてユーザーを導く「ゴール共有型会話技術」によって、ユーザーの意図を汲み取る快適なナビゲーションを実現します。

お問い合わせ先


アプリの動作環境の他、提供価格や導入スケジュール等、ご要望をお伺いした後にご提案・お見積りいたします。下記まで電子メールにてお申し付けください。

お問い合わせから2営業日以内に担当営業よりご連絡いたします。

よくある質問


お問い合わせいただく前に、以下のQ&Aもご覧ください。すぐに解決できるかもしれません。

1. 購入前のご相談

C’s-naviで何ができますか?
AIとの対話を通して、膨大なドキュメントへ簡単にアクセスができるようになります。コールセンターやマニュアルなどの利便性を高め、カスタマーサービスの向上に貢献します。
見積もり依頼には何が必要ですか?
以下の3点をご用意ください。

  1. 使用環境…誰が、どんなデバイスで、何を検索したいのか、イメージをお聞かせください。
  2. ドキュメント量……ナレッジ化の対象となる情報の概要、テキスト量の概算をお知らせください。
  3. ご予算…オーバースペック化を防ぎ、最適な規模でのご提案のために、予算の目安をお聞かせください。
導入から運用開始まで、どのくらいの期間が必要ですか?
3~6か月を目安としています。プロトタイプの運用評価を行った後に本運用となるため、スケジュールに変動が発生する可能性があります。
受託開発ではどのくらいの予算が必要ですか?
ご要望に応じて概算をご提示いたします。
また、本サービスの契約形態といたしましては、開発フェーズに合わせて4つに分割することを想定しています。
  1. 導入コンサルティング
  2. プロトタイプ開発
  3. アプリ開発
  4. 運用管理費(年間使用料含む)

a.~c.が導入時に発生するコスト、d.が導入後の運用で発生するコストとなります。サービスにて使用する先進AIテクノロジーは運用中は使用料が発生します。これについてはd.に含んでいます。詳細は上記窓口までお問合せください。

デモはありますか?
対話型AIの使用感を体験できる簡単なデモアプリをご用意しています。上記窓口までご用命ください。
既存システムへの組み込みや、導入済のAIとの連携はできますか?
状況に合わせて、柔軟に対応いたします。Amazon alexaとの連携等の事例もございます。連携先システムのAPI仕様によって状況は異なりますので、詳細は上記窓口までご相談ください。

Amazon, Alexa はアマゾン テクノロジーズ インコーポレイテッドの登録商標です。

保守サポートは提供されますか?
サービスレベル規約に基づくサービス提供を準備中です。

2. 導入時のご相談

仕様変更はどこまで対応できますか?
納期やご予算に応じてご対応が可能です。プロトタイプの運用評価時に、改善のご要望等をお聞かせください。
自社のオリジナル・サービスとして開発できますか?
可能です。オリジナルのAIキャラクターや自社ロゴを配したアプリ開発などを承ります。詳細は上記窓口までお問合せください。

3. 導入後のご相談

開発したシステムは自社の販売チャネルへ有償で再配布できますか?
再配布可能な形での契約は可能です。また、システムのベースとなる対話型AI(netpeople)の使用料はアクセス数に応じて課金されますので、末端の利用者数に応じて運用コストが変動することにご注意ください。