インフォメーション

  1. インフォメーション
  2. 京都女子大学山岡研究室と連携、共同研究を開始

インフォメーション

アーカイブ

ニュース

京都女子大学山岡研究室と連携、共同研究を開始

2019.07.10

当社は、ユーザーの視点に立った新しいタイプのマニュアルの開発を目指し、京都女子大学 家政学部 生活造形学科 山岡研究室(教授: 山岡俊樹)と連携し、共同研究を行います。

 

研究目的及び内容

  • ・ メンタルモデルの観点からネットワークと機器とのあいだのマニュアルの検討
  • ・ ヒューマンエラー防止のためのマニュアルの検討

 

山岡教授は、デザイン(サービスデザイン、情報デザイン他)、応用人間工学(メンタルモデル、ユーザインタフェース他)を専門に研究され、デザインはユーザーに価値を与える役割が有る。また、人間工学は人間と機械の調和を考える学問でありデザインの土台となると述べています。当社はこの考えに共鳴し、よりユーザーフレンドリーなマニュアルを創造するため、共同研究を行います。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

管理部人事総務課 TEL:053-435-3553